代表あいさつ

代表あいさつ

ごあいさつ

開業の動機は、仕事の在り方の変革と社会貢献、人の役に立ちたいと本気で思ったからです。私が知る会社にはあまりにも理不尽な大人が多く、違法行為をも平気でやらせる会社も存在していました。

純粋な心で社会に飛び込んだ人達に、深い傷をつけている事にも気づかない会社もありました。改善しようにも力及ばず、フラストレーションが溜まる中、私が他責思考だった為に会社に改善を求めていました。

自責思考になると考えが変わりました。零細企業でもいい、本気で人の為になる会社を創れば一人でも救えるだろう。そう思うと、動かずにはいられませんでした。私達は人を幸せにすることをコンセプトにしています。社名や理念に利他を入れているのは、常にその事を忘れないためです。

三利建設の利益の概念は、金ではなく徳です。金は表面的な幸せ、徳は内面的な幸せと考えています。どんな仕事をしていても関わる人が悪ければ、人は成長しません。私達は教養のある人材を育成し、沢山の人々を幸せにするのが最終目標です。

夢や希望をもった人の助けになる為に私達は教養のある人材を創ります。そして三利建設の教育は共育と書きます。共に学ぶ共育。私達はどんな人からも学び、時代の変化に適応した人材になります。独立支援制度も行います。

三利建設は人を創り人々を幸せにする会社です。お客様の笑顔でありがとうという言葉が最大の利益です。共に創りませんか?輝かしい自分の未来と道徳のある人を…

株式会社三利建設代表取締役 半田 友徳

社員紹介

工事部 安藤 笙太

仕事 ■仕事
私は三利建設に入社して目標を達成できる喜びを感じています。目標を紙に書きだして達成させます。最初の目標は4t車の運転でした。免許取得からの目標なので、7ヵ月の期間で提出しました。
職長さんと社長の協力のお陰で、なんと1ヵ月で達成してしまったのです。周りの人が協力してくれると、こんなにも早く夢が叶ってしまうのです。
仕事の教養、自己啓発、入社前までは全く知らない世界でした。資格も取得させてくれます。現場の仕事だけではなく、お客様との対応や見積も学んでいます。
私は仲間と会社に貢献したいと思うようにもなりました。最高のホワイト企業を創るという大きな目標もできました。今までに存在しなかった新しい企業を一緒に創ってみませんか?

プライベート ■プライベート
趣味:お酒、食べ歩き
酒はいい!最近は球磨焼酎の白岳しろです。そこに炭火焼き鳥、しめさばがあったら最高です。現場では休憩時間の会話で、社長は麦焼酎が好だし同僚は熊本出身で酒好き。「これは本場の焼酎を飲みたいね」と言うことで「コロナが落ち着いたら社員旅行は熊本だな」なんて話にもなります。
そして人との会話も好きです。飲みながら人から学ぶ事が沢山あります。飲んで笑ってリフレッシュ!オンオフのメリハリも大切だと思っています。実はバス釣りもゲームも好きです。

工事部 松尾 憲太郎

仕事 ■仕事
私がこの会社に入社するきっかけは社長の一言でした。『一緒に会社を大きくして、夢を叶えよう』その一言から私は建設業の門をくぐったのです。それから毎日が葛藤の日々。
心が折れそうになる時もありました。そんな時はこの言葉を思い出していました。「夢や目標が叶わないのは諦めた時だ。諦めなければ夢は必ず叶う」さらに大事な事がありました。
それは協力者の存在。三利建設の理念には利他の精神を忘れずに・・・と書いてあります。これがただの口先だけの理念じゃなかった。みんなが協力してくれます。
重機に乗るという目標を立てた時、資格取得には10万円以上の資格金と約一週間の講習時間が必要でした。資格支援という会社の協力、現場では同僚が私の仕事をしてくれる。
三利建設という会社は本気で人を創っているのだなと実感します。一歩一歩確実に夢に近づいています。私達と一緒に夢を叶えましょう。

プライベート ■プライベート
エンジン付きの乗り物が好きです。小型船舶操縦士一級免許を持っています。漁師の経験もあるので海の知識はあります。海釣りでは魚がhitした時の手に伝わる振動にはアドレナリンがドバっと出ますね!バイクも車も誰もができないような走りをした時に似たような感覚に陥ります。
そして今は建設機械(バックホゥ)で、この感覚を感じてみたいと思っています。でもやっぱり一番は、家族との時間が最高に幸せですね。

企業理念

CONCEPT

【利他】の精神を志にし【利益】を追求し【利便性】の高い企業

【志】

一、私達は利他の精神を忘れずに、変化に対して柔軟に適応できる人間を目指します
一、私達は社会に必要とされる企業を作り環境問題を無くし、地域と地球に貢献します
一、私達はプラスの感情を経営資源と捉え人間性を高め、より大きな資源創りを続けます

私達は夢や目標を創り、達成した時の感動を共有して思いやりのある仲間作りや、やり甲斐のある組織を目指す。人の目標や夢を絶対に潰さない事。肯定的解釈つまり根拠のない思い込みで夢は必ず叶うという事。無理と言う言葉を無くします。人の心は聞いた言葉で作られる。この事から間違った言葉を使わないように共育し道徳のある仲間を増やす。働く事の楽しさや幸せだと思える人を一人でも多く創り、そして【利他】の精神を忘れません。

プラスの感情はプラスの道でありマイナスの感情はマイナスの道しか進めない。失敗は成功するための手法を見つける道である。つまり失敗は成長なのだ。こういったプラスの感情が大きな利益を生み、その利益がみんなに反映される。そして良い会社を作り、良い会社になれば更に良い社員になる。良い人間には良い人間を引き付ける力がある。この好循環で人を創り出し、プラスの感情と言う【利益】を次世代の子供達に繋ぎます。

不易流行を意識する事。不変的な本質を持ちながら、時代の変化に遅れる事なく共育も仕事も柔軟に変化しなければならないのである。知・徳・胆は知識、人徳、胆力これは変化ではなく向上しなくてはならないところである。そして環境の変化に対応し、間違いのない人や未来をつくります。万が一天災や人災が起きた時、建設業と言う強みを生かし、柔軟な対応が出来るように日々能力向上を図る。産業廃棄物や大気汚染にも最善の注意を払い地球に貢献する。そして【利便性】の高い企業になります。

経営基本方針・戦略

経営基本方針・戦略

今後の事業展開

・私達の目的は教養のある人材を創る企業である。人の感情の動きで収益も生産性も変化する。

1.社会人としての最低限の言葉遣いの教育。
2.対人への基本的な態度。
3.夢、目標を立てる事。
4.仲間や人々の意見を絶対に潰さない事。
5.無理と言う言葉は使わない事。

知識の投与

・施工方法、安全、情報を共有し人と企業が成長する体制を確立する。

1.毎週報告会議を行う。
2.他社の会議の内容を共有する。
3.新しい施工方法を取り入れ日々の変化に対応する。
4.コンピテンシーを出来るところからチャレンジする。
5.安全に対する意識を高めるためにKY活動は徹底する事。

人徳の向上

・顧客や仲間の意見を取り入れた考えから世界観を創る。

1.自分の意見より他人の意見から考える。
2.困っている人や悩んでいる人を助ける。
3.前向きに考え、より良い未来を創造する。
4.思いやりを持つ。
5.自己啓発、目標を持ち日々鍛錬する。

胆力を養う

・自分の思い通りの世界を創るために一番必要なスキル。

1.他責思考をしない。
2.自責思考で行動する。
3.事故、災害が起きた時、落ち着いて行動する。
4.失敗を恐れず改善策を見つける。
5.自分や仲間を信じて挑戦する。

企業ロゴについて

企業ロゴについて

三つの菱形は【利他】【利便】【利益】を意味する。中央の赤い球体は【自分の志や目標】とする。三つの【利】を意識し行動すれば、自分が成長して人々を幸せにできるという意味である。この企業ロゴを目視しただけで、目標の念押しや再確認ができる。

菱形

四角紋とも呼ばれる。幸運を示すと考えられており、一発逆転やスピード開運、苦労の後の成功と開運の吉印である。

青色

空や海といった広大な自然のイメージ。集中力、気持ちを落ち着かせる、開放感、平和、信頼、誠実であり御利益は出会いである。

活力、興奮、暖かさ、愛、勝利、積極的なイメージ。注目を集め、国や地域、時代に関係なくエネルギーを象徴する色。元気を与え人を活動的にさせてくれます。

三利建設のロゴを心に置いておけば、人生の成功者になり、周囲の人をも幸せにする事が出来る!